住宅模型

アパート経営に必要な制度

男女

滞納家賃のリスクを減らす

不動産投資が初めての人にやりやすいのがアパート経営です。マンション経営は規模が大きいので初期投資額が負担になります。土地を持っていたとしてもマンションを建設しなくてはなりませんし、建築費はローンで返済することになります。その点、アパート経営は規模が小さいので初期投資額が少なくて済みます。アパート経営では家賃滞納がリスクとなります。その対策としてオーナーが導入するのが家賃債務保証という制度です。これまでは入居者が部屋を借りる場合は連帯保証人が必要だったのですが、家賃債務保証制度を導入すれば連帯保証人は不要になります。入居者にとっても負担が軽くなりますし、オーナーにとっては家賃滞納のリスクが減ります。従来の連帯保証人方式では、もし入居者が家賃滞納したらオーナーは保証人に請求せねばならないのです。しかし連帯保証人が請求に素直に応じることは少なく、トラブルになりがちだったのです。家賃債務保証制度は保証会社が連帯保証人の代わりを務めます。会社組織なので、もし家賃滞納が起こればすぐにオーナーに家賃分を支払ってくれるのです。このようにトラブルがないのが家賃債務保証制度のメリットです。その他にも滞納家賃の催促なども保証会社が行うので、オーナーの負担は軽くなります。その代わり、一定の費用を保証会社に支払うことになります。これから不動産投資をする人は家賃債務保証制度を導入したアパート経営をすれば、入居者も集めやすくなります。